お客様本位の業務運営に関する取り組み方針

私たち髙木証券株式会社 (以下、「当社」といいます。)は、明治6年髙木両替店の創業時より「誠意・創意・和気」という社是に包含される「お客さまのよりよいくらしと幸せに役立てると共に会社の繁栄を計る」を重要な指針の1つとして業務運営に努めてまいりました。

この度、より一層の「お客様本位」のサービス向上への取り組みを図るため、「お客様本位の業務運営に関する取り組み方針」を策定いたしました。
今後、当該方針に係る当社の取組状況やその成果についてはお客様にお示しするとともに、より良い業務運営を実現するために定期的に見直しを行ってまいります。

お客様の最善の利益の追求

当社は、創業時の精神を最大限に尊重しながら、「高い企業倫理のもと、資産運用・資産設計に関する質の高いアドバイスの提供を通して、お客様の資産形成の促進に貢献」することを経営理念の1つに掲げ、高い専門性と職業倫理を保持し、お客様の最善の利益を図るよう取り組んでまいりました。

これらの取り組みに加え、2017年4月からは、東海東京フィナンシャル・グループ(以下、「TTFG」といいます。)の一員であることから、TTFGの経営理念に掲げられた使命(「お客様の資産を活かし、豊かなライフマネジメントの実現と、企業価値向上を支援するために、全力で努力するグループであり続ける。」等)を全うするための体制整備も進めてまいります。特に、お客様にご満足いただける最適な商品とサービスをご提供するためには、社員一人ひとりが、「人間性」(ハート)と「専門性」(プロフェッショナリティ)を追求していくことが必要不可欠であると考えており、TTFGのキャッチフレーズ「学び続ける会社」を目指して教育・研修にも注力してまいります。
また、TTFGの一員となったことにより、社員に対する教育・研修の更なる充実はもとより、TTFGが有する機能を最大限活用し、より一層、お客様の最善の利益を追求できるよう努めてまいる所存です。

また、当社では、年に1度、お取引のあるお客様へアンケートを実施し、その傾向・内容を分析して経営陣で的確に把握するとともに、社員へ浸透を図ることで、お客様の満足度の向上を常に意識する企業風土の醸成に取り組んでおります。

利益相反の適切な管理

当社は、当社とお客様の間で行う取引、または、当社が他のお客様との間で行う取引に伴って、お客様の利益が不当に害されることのないように、利益相反のおそれのある取引を類型化する等により適切に管理して、お客様の利益の保護を図っております。
利益相反のおそれのある取引は、公表しております「利益相反管理方針(概要)」に従って適切に管理しております。

手数料の明確化

当社では、お客様が当社とお取引いただく際に、商品やお取引方法に応じて、お客様に手数料・費用等をご負担いただいております。
お客様からいただく手数料・費用等には、国内外の金融商品取引所に上場されている株式等の売買に係る委託手数料、投資信託の購入時の手数料、または投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用などがございます。また、外貨商品を購入・売却いただき円貨と外貨を交換する際や、債券等の募集・売出し等、または外国株式の店頭売買等で当社を相手先としてお取引いただく場合には、購入・売却いただく価格に一定のコストを含んでおり、これをお客様にご負担いただいております。

お客様にご負担いただく手数料・費用等に関しましては、当社より金融商品・サービスをご提供する際に、当社よりお渡しする契約締結前交付書面、外貨建て債券の契約締結前書面、目論見書、目論見書補完書面等においてご確認いただくことができます。

当社がお客様よりいただく手数料・費用等は、当社が金融商品取引所に支払う取引参加料金、さまざまなニーズに適した商品のラインナップを構築・維持するための費用、お客様にご提供する各種ご参考資料の作成や情報提供に係る費用、お客様へのお取引内容の報告などの業務運営に係る事務費用、営業員を通じてお客様に良質な商品・サービスをご提供するための人件費や知識習得のための教育・研修に係る費用、効率的かつ適切な業務運営を行うための各種システムの開発・維持管理のための費用等を総合的に勘案した対価となっております。

重要な情報の分かりやすい提供

当社は、お客様に良質な金融商品・サービスを提供するために、お客様のご投資の経験や金融知識等を考慮のうえ、金融商品の特性・複雑さやリスクの度合いに応じて、金融商品・サービスの基本的な利益(リターン)・損失その他のリスク、取引条件等について、明確・平易であって誤解を招くことのない内容で情報をご提供するように努めております。特にご提案する商品が、複雑またはリスクの高い商品である場合には、より丁寧に情報をご提供するように努めております。
また、お客様の投資判断に重要となる情報についても、より分かりやすく丁寧な情報提供を行ってまいります。

お客様へ金融商品・サービスをご提案するにあたっては、ご提案する理由について、お客様のご投資の経験等を勘案して、分かりやすくご説明させていただきます。また、当社との取引が、お客様の利益を損なう利益相反となるおそれのある場合には、その具体的内容やお取引に与える影響について、分かりやすくご説明いたします。

お客様にふさわしいサービスの提供

当社は、お客様のご資産の状況、ご投資の経験、金融知識および投資目的・ニーズなどを十分に把握し、お客様の立場にたった、お客様にふさわしい金融商品・サービスをご提供してまいります。
このような当社の考え方は、「勧誘方針」に定め公表しております。
また、お客様には、お預りしている金融商品に関する損益等の状況を適切にご報告するとともに、継続的に金融商品やお取引に関する情報を提供し、必要に応じて保有商品の見直し等のご提案を行うことがございます。

なお、お客様に複雑な金融商品やリスクが高い金融商品をご提案する場合には、当該商品の特性が、お客様のご意向・ニーズからみてふさわしいものであるかを慎重に検討してご提案いたします。特に複雑またはリスクが高い金融商品につきましては、商品の特性やお客様の状況に応じて、勧誘開始の可否を判断し、当社からご提案を控えさせていただく場合がございます。

(代表的な取り組み内容)

<「投信の窓口」のサービスについて>
当社の「投信の窓口」においては、お客様が当社以外の金融機関でお買付けになったものも含め、国内で販売されているほぼすべての投資信託について、公平・中立な基準で診断いたします。
当社独自の投資信託分析ソフト「ファンド・ラボ」を用い、各投資信託を多面的に評価・分析することができるほか、簡単な質問に答えていただくことにより、お客様の投資スタイルに合った運用プランの提示など、お客様にふさわしいサービスの提供に努めております。
<相続に関するトータルサービスについて>
相続等のご相談については、保有資産の状況等をお伺いすることで、生前贈与を用いた最適な資産承継プランをご提案させていただくほか、当社の幅広いネットワークに基づき、不動産、生命保険等を活用したソリューションをご提案いたします。また、相続事務手続きや相続税申告等は、当社「相続手続きサポートデスク」のご利用、あるいは提携税理士等のご紹介を承ることで、相続に関するトータルサービスをご提供いたします。

従業員に対する教育・研修を通しての適切な動機づけの枠組みの整備等

当社は、社員一人ひとりがお客様に対して誠実・公正に業務を行い、お客様にとっての最善の利益を追求するために必要な、高い専門性と職業倫理を保持するために、社内教育・研修を充実させ、その継続的な実施に努めております。
当社では、研修のうちコンプライアンス研修を特に重要視しており、コンプライアンス研修の計画策定・結果は経営陣で共有することにより、トップダウンで全社的なコンプライアンスレベル向上に努めております。

また、営業員等の業績評価にあたっては、手数料収入だけではなく、お客様からの信頼の証であるお預り資産残高の増加を重視するとともに、コンプライアンスの観点等を重要な指標として、これに加えて評価を行っております。
このような社内研修や業績評価体系を通じて、全社員に対し、お客様満足度の向上を重視する姿勢を徹底するとともに、お客様の最善の利益を追求する行動、お客様に対する公正な業務の遂行および利益相反の適切な管理等に邁進できるよう動機付けてまいります。

成果指標(KPI)について

当社では、お客様本位の業務運営に向けた取組みの成果として、お客様へのアンケートにおける当社への満足度に関する質問の回答を数値化し、これを指標としてまいります。

以上