ファンド情報

髙木取扱いの投資信託

カテゴリを選択(複数選択可)

投資地域(複数選択可)

銘柄名で探す

委託会社で探す

あなたのファンド選び、応援します!
髙木証券は、新しく開発した「ファンド・ラボ」シリーズを使って、お客様の立場に立った、アドバイス・ご提案をいたします。

ファンド・ラボシリーズの詳細はこちら

新規取扱ファンド

新規取扱ファンド一覧を見る

NISAを始めるなら髙木証券

NISA口座では、譲渡益や配当金等が非課税になります。

日本版ISA<愛称:NISA(ニーサ)>とは、2013年12月31日に上場株式等の譲渡益や配当金等に対する軽減税率(10%)が終了し本則税率(20%)が適用されることに伴い2014年1月1日より新たに導入された「少額投資非課税制度」のことをいいます。

NISAのポイント

NISAの詳細はこちら

投信データニュース

「直近月の資金純流出入ランキング」や「過去1年のパフォーマンスランキング」のトップ10位とワースト10位を、個別ファンド単位、またファンドカテゴリ単位で掲載しています。

ファンドるいとう

  • 毎月決まった日に、月々1万円以上1,000 円単位の払込みで、単一もしくは複数の投資信託を買うのが「ファンドるいとう」です。
  • 「ファンドるいとう」を利用すれば、1万円から毎月一定額を継続して自動的に購入することができます。

髙木証券のこだわり

当社は、新規設定ファンドよりも運用実績のある既存ファンドに着目してお客様に提案します。

当社は、原則、既に運用実績ある様々な運用会社、様々なタイプのファンドを数多く取り扱うことで、お客様にニーズに合った最適なファンドを提案致します。

  • 債券や株式のプライマリー募集と異なり、投資信託には新発ファンドだから手数料がゼロになる等、経済的メリットは全くありません。
  • 基準価額が10,000円でスタートするファンドが有利であるという合理的根拠は全くありません。投資信託に、いわゆる「値ごろ感」という概念はありません。
  • むしろ、新規設定ファンドは、募集した資金で投資対象をすべて買付け組入れフル運用できる水準になるまでに時間がかかり、その間、希薄化により運用効率面でマイナスが発生する可能性があります。
  • 運用実績のあるファンドの場合、分配金の実績がわかるとともに、分配原資の状況を運用報告書等で確認することができるので、安心して購入いただけます。

当社は、複数の類似ファンドを比較検討し、お客様に各ファンドの巧拙を納得いただけるきめ細かい説明を致します。

投資対象が類似しているファンドでも、収益分配金の高いもの、過去運用実績の優れているもの、決算期の異なるもの等、違いがあります。当社では類似ファンドを複数取扱うことにより、お客様のニーズに合った最適なファンドを提案します。

当社は、お客様の立場に立った客観的分析ツールである「ファンド診断サービス」を無料で提供しています。

当社取扱いファンドだけでなく他社取扱いファンドを含むすべての追加型公募株式投資信託を対象に、検索、比較、組合せの効果等の分析ができる無料サービスです。お客様の立場に立った客観的分析ツールですので、是非ご活用ください。

ファンド診断サービスの詳細はこちら

本サイトからの口座開設資料請求はこちらから

24時間・365日受付致しますが、休業日、及び休業日前日の営業時間後にいただいた場合、お返事が休業日明け以降となり、お時間を頂戴しております。予めご了承ください。

ADOBE® READER®

PDFファイルをご覧になるにはAdobe® Reader®が必要です。お持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。