次世代への生前贈与プラン
310万円プロジェクト

2015年1月より、相続税が増税になりました

東京国税局管内における、東京・神奈川・千葉・山梨で平成20年になくなられた方(217,904人)のうち、相続税の申告をする方の比率
(出典)東京国税局

相続税は、増税に!
相続税の基礎控除額の引き下げにより、申告対象者が倍増します。

生前贈与を活用した資産承継対策

インタビューシートにご記入いただきますと、お客様のご資産に応じたシミュレーションを無料でご提示できます。

贈与税は、一部減税に!
次世代への生前贈与プラン「310万円プロジェクト」を活用して、大切なご資産を守り、次世代に…。

髙木証券にご相談ください

髙木証券では、株式会社キャピタル・アセット・プランニングと提携し、北山雅一公認会計士税理士事務所監修のもと次世代への生前贈与プラン「310万円プロジェクト」をはじめ、相続に関連するサービスを提供しています。
なお、個別の税務の詳細につきましては、税理士等にご相談ください。

2015年の相続税増税とその影響

  • 1.
    相続税の基礎控除額の引き下げ

    基礎控除とは、相続税を課税する最低課税ラインを定めている限度額のことです。
    平成25年度税制改正では、相続税の基礎控除額が40%削減されました。

  • 2.
    基礎控除額の引き下げによる影響

    相続税は、「お金持ちの税金」から「大衆課税」の時代へ突入します。
    東京国税局管内では、実に10人中4人が「相続税の申告」が必要になると見積もられています。

相続税に対し、生前贈与を活用すると…

  • 1.
    贈与税は減税に!

    300万円超3,000万円以下の贈与における贈与税は、2015年1月から、減税となりました。

    • 20歳以上の子や孫が直系尊属(両親や祖父母)から贈与を受けた場合
  • 2.
    さあ、次世代への生前贈与プラン「310万円プロジェクト」を始動しましょう

    贈与税の基礎控除額は110万円です。
    仮に、310万円を贈与すると、基礎控除後の課税金額は、200万円となります。

    その場合、贈与税率は最低の10%となり、実際の贈与金額に対する負担率は、約6.5%となります。

    基礎控除後の課税価格 税率 控除額
    200万円以下 10%
    200万円超400万円以下 15% 10万円
    400万円超600万円以下 20% 30万円
    600万円超1,000万円以下 30% 90万円
    1,000万円超1,500万円以下 40% 190万円
    1,500万円超3,000万円以下 45% 265万円
    3,000万円超4,500万円以下 50% 415万円
    4,500万円超 55% 640万円
  • 3.
    2人の子供に年間310万円を5年間贈与すると…

    毎年40万円の贈与税を負担することによって、5年間で2人のお子様に3,100万円の財産を贈与できます。
    何の対策もせず、万が一のときに、相続財産として相続税を支払うのか、それとも毎年贈与を行って、相続税の負担を減らすのか…。

髙木証券にご相談ください!!

財産贈与サポートサービス

実際に、お子様・お孫様へ財産を贈与する手続きは複雑です。
髙木証券では、株式会社キャピタル・アセット・プランニングを通じて全国の税理士をご紹介しています。
髙木証券のネットワークで贈与対策も安心です!

財産贈与サポートサービスの詳細はこちら

最適贈与額試算サービス

贈与に当たっては、ご年齢やお持ちの財産額によって、最適な贈与額が違ってきます。
髙木証券では、北山雅一公認会計士税理士事務所監修のもと、お客様の条件に合った最適な贈与額を試算いたします。

最適贈与額試算サービスの詳細はこちら

最適贈与額の試算

  • お客様の財産額、贈与可能年数、贈与人数等を当社担当者がヒアリングいたします。
  • 最適贈与額をシミュレーションします。
  • 生前贈与対策後の相続税軽減額が分かりやすく表示されます。

本サイトからの口座開設資料請求はこちらから

24時間・365日受付致しますが、休業日、及び休業日前日の営業時間後にいただいた場合、お返事が休業日明け以降となり、お時間を頂戴しております。予めご了承ください。

サービス案内へ戻る