髙木証券について

社是

誠意 創意 和氣 福善寺 第十五代住職聖圓書

髙木証券株式会社の歴史は、創立者である髙木又三郎が広島県尾道市に生まれ、大阪に髙木両替店を創立するところから始まります。
この筆書は、2013年6月に創業140周年の記念として、又三郎生誕の地、尾道市にある髙木家の菩提寺、浄土真宗「福善寺」第15代住職の大田垣聖圓氏に揮毫していただきました。

誠意 わたくしたちは誠意をもって社業にはげみ、お客さまのよりよいくらしと幸せに役立てると共に会社の繁栄を計ります。 創意 時代におくれないように、常に新しい仕事にとりくみ、創意工夫をこらして、社業発展への努力を尽します。 和気 わたくしたちは一丸となって、ともども手をつないで、和気あいあいのうちに社業につき明るく良い会社といたします。

このページの先頭へ

経営理念

経営理念 高い企業倫理のもと、資産運用・資産設計に関する質の高いアドバイスの提供を通して、お客様の資産形成の促進に貢献します。 自由闊達な企業風土において、お客様にとって最適な金融商品・サービスを常に探求し、次世代につながる金融ビジネスの創造に取組みます。 役職員が一丸となって経営資源を有効活用することで、社会と調和のとれた企業価値の向上を目指し、ステークホルダーへの還元に努めます。

このページの先頭へ

コーポレート・アイデンティティー

新しいシンボルマークの採用

TAKAGI Securities シンセリティブルー(誠意) オリジナリティグリーン(創意) フレンドリーオレンジ(和気)

シンボルマーク
髙木の木(Tree)のTにたくさんのお客さまの大切な夢や希望を育み実らせ、共に発展し成長してゆこうとする企業の意思・姿勢を表しています。
また、髙木証券社員ひとりひとりの意思を統一し、モチベーションを高める役割も担います。
ブランドカラー
創業当時からの社是である「誠意」「創意」「和気」を、シンボルマークを構成する3色のブランドカラーで表しています。

社名の由来

創業者 髙木又三郎の姓を社名としました。旧字体のいわゆる「ハシゴ髙」を、現在でも使用しています。

社章の由来

社名の頭文字の「髙」を、打出の小槌型に修飾したものです。
社内募集で、当時の社員によるデザインといわれています。
現在でも社章として使用しています。

関東大震災以前の大正12年頃までは、この屋号を社章として使用していました。
は、当時の屋号では、「お金がたまる」「繁栄する」という意味で、当時の商人に、多く使われた記号といわれています。
」は、髙木の頭文字から取り入れました。

会社情報へ戻る