利益相反管理方針(概要)

髙木証券株式会社

髙木証券株式会社(以下、「当社」といいます。)は、金融機関の提供するサービスの多様化に伴い、金融機関内において、競合・対立する複数の利益が存在し、利益相反取引が発生するおそれが高まっている状況の中で、お客さまの利益が不当に害されることのないよう、利益相反のおそれのある取引を管理することが求められています。

当社は、有価証券関連業を行う第一種金融商品取引業者として、金融商品取引法等に基づき、利益相反管理方針(以下、「本方針」といいます。)を定め、役員およびすべての従業員に周知徹底し、お客さまの取引の適切な保護に努めてまいります。

1.利益相反のおそれのある取引の類型

2.利益相反取引管理の対象となる会社の範囲

利益相反取引管理の対象となる会社は、当社といたします。

3.利益相反のおそれのある取引の管理の方法

当社は、利益相反取引と決定した取引については、次に掲げる方法により回避措置等を講じるものとします。

4.利益相反取引管理体制

以上

平成29年11月1日改正

金融商品等の取引に関するリスクおよび留意点等

金融商品等にご投資いただく際には、各商品等で所定の手数料や諸費用等をご負担いただく場合があります。手数料およびリスクは商品等ごとに異なりますので、契約締結前交付書面や上場有価証券等書面または目論見書等をよくお読みください。

ご注意いただきたいこと