株券等の募集等に係るお客様への配分に関する基本方針

髙木証券株式会社

当社は、募集若しくは売出し(日本証券業協会「株券等の募集等の引受け等に係る顧客への配分に関する規則」第1条に規定する「売出し」をいいます。以下同じ。)の取扱いまたは売出し(以下「募集等」といいます。)に係る株券等のお客様への配分においては、あらかじめお客様の需要動向の把握に努め、お客様のご投資方針、お取引実績等に鑑み、公平かつ公正な配分に努めることを基本方針といたします。

  • 1.
    当社では次に掲げるとおり、募集等に係る株券等のお客様への配分を行います。なお、機関投資家のお客様につきましては、需要への参加状況などを考慮の上、適切な配分に心がけております。なお、「投信の窓口」本部の部店において取引されるお客様からは、需要申告をお受けいたしません。
    • (1)
      新規公開株の場合

      新規公開株の個人のお客様への配分については、配分の機会を公平に提供するため、原則として一定割合について抽選により配分先を決定いたします。

      • 1)
        抽選による配分

        新規公開株の抽選は、次の要領で行います。

        • [1]
          抽選は、ブックビルディング期間中に行われた需要申告のうち、個人のお客様からの申告であり、かつ募集価格以上の価格での申告を対象として、抽選日(発行価格決定日)の午後に当社が行います。この場合、当社が配分する数量のうち、一般投資家(機関投資家以外の投資家)への配分予定数量の10%以上を抽選に付すことといたします。なお、できるだけ多くのお客様に配分が行われるよう、お客様一人当たりの当選数量は原則として1単元とさせていただきます。
        • [2]
          抽選に当たっては、コンピュータ抽選システムを使用し、全店一括で行います。
        • [3]
          次に掲げる場合には、抽選による配分を採用しない若しくは中止することがございますので、あらかじめご了承下さい。
          • (イ)
            個人のお客様からの募集価格以上の申告株数が、当社の抽選による配分予定株数を下回った場合
          • (ロ)
            抽選による配分予定株数が、5単元に満たない場合
          • (ハ)
            その他、抽選を行うに相応しくない合理的な理由が生じた場合
      • 2)
        抽選によらない配分

        新規公開株の抽選によらない配分につきましては、1)で抽選の対象となったお客様のうち抽選に当選しなかった方および個人以外のお客様を配分の対象先とし、また、配分株数は、当該お客様からの募集価格以上の価格での申告された株数を上限とします。配分にあたっては、お客様のニーズを的確に勘案した上で、証券投資についての適合性(知識・経験・財産の状況・投資目的)に留意しつつ、お客様の申込条件や需要予測に対する反応度、ブックビルディングへの参加の積極性、商品に対するリスク認識度、当社との取引状況(取引頻度、取引期間、新規等)、これまでの配分回数、投資スタンス(長期保有目的か否か、円滑な市場形成に寄与しうるか)等を総合的に判断して決定いたします。このため、東京営業部カスタマー・サービス課のお客様については、抽選によらない配分は行わないこととしておりますので、あらかじめご了承ください。

      • なお、当社では配分先の決定にあたっては、お客様のブックビルディングへの参加状況も基準の1つとしているため、お客様が上記1)または上記2)の配分を受けたにもかかわらず、正当な理由なくして、複数回、配分された新規公開株の購入をお断りになられた場合には、翌半期の間、抽選、非抽選にかかわらず配分を行わないものといたしますので、あらかじめご了承ください。

    • (2)
      新規公開株以外の場合
      • 1)
        新規公開株以外の場合は、原則として、抽選による配分は行いません。新規公開株以外の株券の配分、株券以外の有価証券の新規公開に際しての配分(以下「その他の配分」といいます。)につきましては、上記2)の基準に準じて配分を行います。
      • 2)
        当社では、新規公開株以外の募集等に係る株券等と同一銘柄を募集等の公表日の翌日から価格決定日までの間に、信用取引にて新規売された場合は、当該株券等の割り当て(配分)は行いません。
  • 2.
    当社は、過度な集中配分および不公正な配分とならないよう、以下に掲げる基準を設け、配分を行うこととしております。
    • (1)
      お客様一人当たりの需要申告株数については、以下の上限を設けます。
      • 当社の配分株数が100単元未満の場合  5単元まで
      • 当社の配分株数が100単元以上の場合  配分数量の10%まで

      なお、株主数充足等の理由で、上限を引下げる場合があります。

    • (2)
      新規公開株の場合は、以下の通り上限を設け配分いたします。
      • [1]
        同一のお客様に対する、抽選によらない方法による配分の上限回数は、半期毎に5回といたします。
      • [2]
        同一銘柄の抽選によらない配分のお客様一人当たりの上限株数または上限金額は、以下のとおりといたします。ただし、ホットイシューの場合等は、原則として、上限を1単元といたします。
        • i )
          当社の配分株数が100単元未満の場合  5単元
        • ii)
          当社の配分株数が100単元以上の場合  10単元または募集金額3,000万円のいずれか大きい方
  • 3.

    抽選によらない配分は、原則としてブックビルディングにおいて発行価格以上の需要申告をなさったお客様を対象に、発行価格以上の申告株数を超えない範囲で決定いたします。
    ただし、発行価格以上の申込株数が当社の配分予定株数に満たない場合等には、発行価格に満たない価格で需要申告をされたお客様に対して配分を行うことがあり、さらに需要申告による申込株数全体が、当社の配分予定株数に満たない場合等には、需要申告されていないお客様に対しても、当社とのお取引の状況等を勘案し配分を行うことがあります。

  • 4.

    需要申告は、お取引店舗において対面、電話、ファックス等で受け付けます。

  • 5.

    需要申告の受付期間、受付方法、仮条件等、各新規公開案件における具体的なブックビルディングの要領については、発行会社が作成する目論見書に記載されます。
    また、これに、需要申告の受付期間、受付方法、抽選等の当社における配分の要領を加えた情報は、その案件のブックビルディング期間中、当社のホームページにてお知らせします。

  • 6.
    個別の案件において、4.までに記載いたしました内容と異なる方針でブックビルディングまたは配分を行う場合は、その理由もあわせ、当社のホームページおよび営業部店の店頭にてお知らせいたします。
  • 7.
    当社におきましては、お客様の損失を補填しまたは利益を追加する目的での株式等の配分を行わない等、金融商品取引法や自主規制団体の規則を遵守することはもとより、[1] 発行会社が指定する者、[2] 当社の役職員、[3] 当社に対して特定の利便を与えうる等、配分することにより社会的に不公平感を生じせしめる者、[4] 暴力団員および暴力団関係者、いわゆる総会屋等社会的公益に反する行為をなす者への配分を行わないこと、[5] 同一顧客への過度な集中配分を行わないこと、更に[6] 他の商品の購入を条件に新規公開株の配分を行う等の不正な配分を行わないなど、その配分のあり方について規程に明記し遵守に努める所存であります。

以上のような配分の基本方針に基づき、公正な配分を通じて金融商品市場の発展に寄与していくことが、当社の使命であると考えております。

以上

平成30年6月1日

金融商品等の取引に関するリスクおよび留意点等

金融商品等にご投資いただく際には、各商品等で所定の手数料や諸費用等をご負担いただく場合があります。手数料およびリスクは商品等ごとに異なりますので、契約締結前交付書面や上場有価証券等書面または目論見書等をよくお読みください。

ご注意いただきたいこと

取引ルールへ戻る